TOP > 認定事業一覧

認定事業一覧

平成28年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 一般社団法人 瀬戸内サーカスファクトリー
事業名 日仏共同制作空中パフォーマンス「AY」(仮題)公演
期間 平成28年6月15日〜平成28年7月4日
事業内容 フランスで500を超えるといわれるサーカスカンパニーの中で、空中パフォーマンス分野で名実ともにトップカンパニー「シルク・ヴォスト」のリーダー、ブノワ・ベルヴィルほか1人〜2人のシルク・ヴォストのアーティスト、技術者を香川に招聘。事前選抜した日本人のトップ空中パフォーマー3人と共同で、塩江地区(旧上西小学校)で2週間の滞在制作し、本格的な作品づくりを行う。 作られた空中パフォーマンス作品を、7月2、3日に屋島山上で公演発表する。瀬戸内サーカスファクトリーは2015年に屋島の四国村農村歌舞伎舞台でも現代サーカス滞在制作と公演を行うなど屋島の活性化への貢献を願っており、今回も四国村内でのワークショップ開催の可能性なども検討中である。
事業主体 高松琴平電気鉄道 株式会社
事業名 ことでんマルチリンガルガイドブック作成
期間 平成28年4月1日〜平成29年3月31日
事業内容 今年は瀬戸内国際芸術祭2016が開催され、例年以上に多くの外国人旅客が訪れると想定されています。ことでん沿線のガイドブックを、様々な国の旅行客にも対応できるよう、日本語・英語・中国語・韓国語の4種類の言語でそれぞれ作成し、高松市を中心とした観光地・施設・おすすめスポット等を掲載し、魅力をPRすることで、旅行客の誘致を促進するとともに、利便性を向上させます。
事業主体 株式会社 リロクラブ
事業名 福利厚生マーケットを活用した高松市地域振興プロモーション
期間 平成28年6月1日〜平成28年12月31日
事業内容 全国8,650社、約450万人の福利厚生会員に対し、リロクラブの提供する福利厚生制度として高松市での観光を推進し、地域で利用できるサービスや提携施設を拡大。秋〜冬にかけては特別宿泊補助キャンペーンを実施し、地域への誘客・滞在促進を行い地元に還元。また、高松市に対する認知拡大・興味喚起により余暇を過ごすための土地として選ばれやすい環境作りを行う。事業期間終了後には効果測定として実績報告を行い、今後の継続的な送客体制づくりや実施環境に活かす報告を提出。
事業主体 株式会社 瀬戸内海放送
事業名 「大塚寧々 オトナ旅時間 〜琉球と瀬戸内海を巡る〜」(仮)
期間 平成28年12月1日〜平成29年1月31日
事業内容 那覇⇔高松間に直航便が就航されている事に着眼、沖縄と香川双方の魅力(島、歴史、食文化等)を伝える旅番組を放送する事で、両県のアウトバウンド・インバウンドの活性化を狙う。出演は女優・写真家の「大塚寧々」を起用。又、那覇空港は近年国際空港としてのハブ化が進み、アジア諸国を軸に訪日観光客の玄関口としての機能を担いつつある為、海外でのOA及びVOD視聴展開により訪日観光客に対する誘客促進も期待できる。
事業主体 株式会社 高松リビング新聞社
事業名 「Welcome!ちびとツーリストさん」子育てファミリーにやさしいたかまつ紹介ハンドブック電子ブック&リアル出版事業
期間 平成28年5月1日〜平成29年3月31日
事業内容 県外からのこども連れ観光客におススメしたい情報を集めたハンドブックを制作、リアル出版&電子ブック出版(iTune, Google Play Store, Amazon kindle)します。情報は、リビングたかまつ紙面を通じて、こども連れで行って安心できて、便利で楽しく有意義な施設やスポット、宿泊施設などの情報を高松の子育てファミリーから集めます。「小さな子ども連れで行きやすいうどん店情報」や、アートな施設と宿泊施設をコースで紹介するなど滞在型ファミリー観光も提案します。
事業主体 たかまつdiary実行委員会
事業名 たかまつdiary〜瀬戸内の日常を毎日日記として3カ国語で発信します〜
期間 平成28年4月1日〜平成28年11月6日
事業内容 高松を拠点に、瀬戸内国際芸術祭終了日まで、台湾からワーキングホリデーなどで働きに来てくれる台湾人スタッフから、高松のリアルな情報をfacebookなどのSNSを通して発信してもらう。(日本語、中国語、英語の3ヶ国語で発信) この活動を台湾で随時PRしていく。(台湾在住の人気ブロガーからも随時シェア、拡散してもらう。) 台湾からのアーティストを招待して展示やイベントを行い、その様子も発信し、台湾に向けたインバウンドをさらに強化する。さらに、高松のアーティストも台湾へ出向き、作品を発表しながら活動のPRもしてもらう。

平成27年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 塩江・観光マイスター振興会
事業名 おもてなし ご当地箸宣伝普及事業
期間 平成27年4月1日〜平成28年3月31日
事業内容  手作りで製作したお箸を観光客にリサイクル箸として使用を促進するとともに土産品としても販売します。観光チラシ・ポスター等を同時に配布することで、多くのお箸使用賛同店舗等とともに高松市の観光宣伝普及に貢献します。更に、お箸を作るワークショップの展開やお箸を使ったゲームの提供、誘客キャンペーン品と、多様な観光客向け事業を展開します。また、竹の有効活用が山林資源の保護に役立つエコ品となることから企業への提供も試みることで、賛同企業には、郷土愛の醸成に繋がります。
 よって、ポスターやチラシなどの配布・掲示のみならず、観光客が興味を抱くお箸の活用によって、賛同いただく店舗等をも強力な高松市の宣伝普及隊としてご活躍いただけるよう段階をふまえながら推進します。
事業主体 株式会社 生駒屋
事業名 玉藻公園(史跡高松城跡)開園60周年記念 高松城PRプロジェクト 
期間 平成27年4月1日〜平成28年3月31日
事業内容  弊社が運営する、四国ショップ88店内の一角(約80u)にhacomo株式会社様の協力を得てダンボールにて高松城を復元する。
 歴史や文化に対してライトな層にもPRしやすい様にショップ内に常設し、文献や関連資料とともに簡単な所以や紹介を案内する。
 讃岐の歴史と文化をより身近にふれてもらい、同時に関連する伝統品や商品をPR、販売する。
事業主体 株式会社フェアリー・テイル
事業名 「ふるさとウェディング」から「ウェディング・ツーリズム」へそして「インバウンド・ウェディング」への発展
〜「ふるさとウェディング」を通じた、高松への観光客誘引プロジェクト〜
期間 平成27年4月1日〜平成28年2月28日
事業内容  栗林公園や玉藻公園など高松を代表する名所、また、男木島、女木島などの島々、サンポートや丸亀町商店街などの高松の街での「ふるさとウェディング」に、新郎新婦や出席者の様々なニーズに合わせた「滞在型観光」をプラスしウェデイング・ツーリズム化させ、全国から安定的に観光客を誘引する。
 また、ビジネスモデル化した「ウェデイング+旅」を「瀬戸内ウェディング」としてインバウンド展開し、外国人観光客の誘因ができるようにマーケティングを行 う。
事業主体 讃岐を台湾でPR実行委員会
事業名 讃岐を台湾でPR
期間 平成27年4月1日〜平成27年10月31日
事業内容  台湾で人気の瀬戸内本(小島旅行)などを発行している台湾の人気作家林さんと台湾と日本のクロスカルチャー雑誌を発行しているLIPさんと共同で台湾の人から見た高松の面白い物をまとめたフリーペーパーを作り、『ぼくの香川案内』の台湾語版と一緒に人気書店ジュンク堂台北店、他、書店、ギャラリー、CAFEなどを巡回して高松のいい物や場所、文化芸術をトークして紹介する。
事業主体 (仮)盆栽まちづくり協議会
事業名 高松盆栽産業観光化計画
期間 平成27年4月1日〜平成28年3月31日
事業内容  高松の盆栽文化や情報をインターネット等のメディアを使って広く発信をすることはもとより、高松盆栽の技術と魅力を学んで体験することができる高松盆栽教室と、滞在してより深く長期に学べる高松盆栽学校を開設することにより、国内外からの観光客を誘致する。

平成26年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 LH社
事業名 高松における外国人向け宿泊(ホテル)事業
期間 平成26年8月1日〜平成27年3月31日
事業内容 高松市内にある既存の宿泊施設を買収の上、外国人向け宿泊施設にリニューアルを行い、その恵まれ立地を生かして外国人向け宿泊事業をこの秋よりスタートする予定である。これにより訪日外国人観光の振興に貢献したい。そして、本事業の開業時宣伝告知プロモーション展開を行うために今般、高松観光プロモーション事業認定申請を行うものである。
事業主体 株式会社宗家久ツ和堂
事業名 短歌会「花鳥風月」〜銘菓と瀬戸内・玉藻城〜
期間 平成26年4月1日〜平成26年9月1日
事業内容 城下町高松の歴史と文化・瀬戸内の景色を軸とした観光振興を展開。
企画の軸になるものは、短歌・川柳と銘菓。讃岐の地にて古くから歌われてきた「短歌」の会を玉藻公園披雲閣にて開催し、優秀作品短歌集を制作し、137年の歴史ある銘菓瓦せんべいの新ライン「瓦せんべい花鳥風月」に同封し全国にPRする。また、同じく川柳も公募し、その優秀作品もあわせてPRし、高松のイメージアップに寄与する。
事業主体 一般社団法人まちテレ
事業名 フランスケーブルテレビ放送NOLIFEでの高松紹介番組放送
期間 平成26年4月1日〜平成27年3月31日
事業内容 フランス国内650万世帯が加入するケーブルテレビ放送NOLIFEの日本を紹介する番組「Japan in Motion」(NOLIFEで3番目に人気のある番組)にて、日仏自治体交流会議の開催や、盆栽、和のワークショップなど高松を紹介する番組を放送する。また番組ホームページと連動し、誘客促進を図る。 「テレビ新広島」「テレビ西日本(福岡)」「北海道文化放送」「テレビ静岡」 「高知さんさんテレビ」「wakuwaku Japan (インドネシア)」でも放送を行う(国内放送については一部番組改定の可能性もある)。
事業主体 株式会社エフジー武蔵
事業名 雑誌nid(ニド)特集掲載「高松のおいしいに出会う」
期間 平成26年4月1日〜平成27年3月31日
事業内容 隔月刊雑誌nid(ニド)の読者層は主に30〜40歳代の自然派志向の女性たち。日本各地の文化、伝統を基本に現代の生活に取り入れる要素を取材し、読者へつなげる役割を展開しています。高松の文化、伝統から発生した食、モノ、観光を柱に紹介し、全国からの誘客を狙います。また、ニド通販ページでは特産品販売もします。
さらに、制作には高松の制作プロダクションの協力を得て、相互の活動の場を広げる予定です。
事業主体 『ぼくの香川案内』実行委員会
事業名 『ぼくの香川案内』in台湾
期間 平成26年4月1日〜平成27年3月31日
事業内容 昨年度、東京のランドスケーププロダクツから発売した『ぼくの香川案内』を台湾語に訳したものを、台湾で発売する。高松空港発着の台北直行便を利用して、台湾の取り扱ってくれるカフェや書店にて、写真を使ったスライドショーを行い、高松のよさをアピールしてくる。それにより台北から高松空港の直行便の利用者を増やし、本当の高松の良さを味わって帰っていただく。

平成25年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 株式会社ルーヴ
事業名 讃岐のものがたりを届けるお菓子「せとうちスイーツBOOK」
期間 平成25年4月1日〜平成26年3月31日
事業内容 「お菓子」と「本」を媒体として、地元高松の魅力を発信する菓子店と出版社がコラボ。「食べて学べる」今までにないお土産物として「スイーツブック」を開発した。 第1弾では、瀬戸内国際芸術祭が開催される島々の特産品を使ったお菓子と、香川の島雑誌「せとうち暮らし」をタイアップさせた島スイーツを企画。マザーポートである高松市街地の情報も合わせて「アート・シティ高松」をPRする。販路についても両者の強みを生かし、讃岐をテーマにした「さぬき菓子工房おんまい」や駅、空港の売店、県内外の書店などで販売する。
事業主体 香川県ヨット連盟 香川フリート
事業名 瀬戸内海SailArt2013
期間 平成25年4月7日〜平成25年11月30日
事業内容 瀬戸内国際芸術祭2013 のコンセプト“海の復権”のあわせて期間中に瀬戸内海で体験ヨットレース、体験クルージングを展開して瀬戸の都“高松”のブランドイメージを向上させ、創造都市の実現に大きく寄与するものである。 広報は、高松リビング、マリン・観光関係の雑誌に告知・ホームページ掲載の他、チラシでの活動をPRする。 参加者の賞品は瀬戸内国際芸術祭のパスポートを予定している。
事業主体 ガーリックフェスティバル実行委員会
事業名 ガーリックフェスティバル
期間 平成25年4月1日〜平成26年3月31日
事業内容 ニンニク生産量が全国2位の香川県。高松市をはじめ県内のニンニク農家が集結して、ニンニクを食すイベント「ガーリックフェスティバル」を開催。現在は、関東・関西圏を中心に出荷、有楽町等でPR販売を行なっているが、消費者が、直接、来高して購入する等、高松市への関心の高さに注目。 アメリカ カルフォルニア州ギルロイ市で始まった「ガーリックフェスティバル」では、人口約5万人の町に、3日間で約15万人、これまで約310万人以上を集客。ギルロイ市を先行モデルとし、ニンニクを使った観光客誘致のイベントを開催する。
事業主体 「猫と電車」フィルムパートナーズ
事業名 映画「猫と電車−ねことでんしゃ−」全国上映キャンペーン
期間 平成25年5月1日〜平成26年3月31日
事業内容 国内の映画祭や海外の映画祭へ出品しながら、自主配給でミニシアターや上映やレンタルシアターでの上映、および主演・主題歌の篠原ともえさんとイベントなどを開催。イベントでは、ことでんや香川県の物産を紹介したり、ロケ地マップを制作し、プレゼントしたい。スカパー!・WOWOWでの放映でのPR、またDVDをリリースし、全国のTSUTAYAでレンタル流通をする。
事業主体 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社
事業名 台湾、香港、韓国を中心としたアジアから高松への個人旅行客向けプロモーション事業
期間 平成25年6月10日〜平成25年12月9日
事業内容 2012年度、外国人観光客は、震災前の水準まで回復し、来年度は、1,000万人突破も夢ではありません。そんな中、高松にも台湾との定期便就航も決定し、訪日リピーターの多い台湾市場からの誘客は、大きな可能性があると思います。この成熟市場である台湾、及び新興市場として期待されている東南アジア諸国への高松、四国のプロモーションを弊誌「GLT関西」への掲載を通して行い、現地旅行代理店の訪日担当者へも高松、四国の魅力をお伝えし、外国人観光客の誘客に繋げます。(2013年度地方連携事業で「GLT四国」を申請中であり、こちらの発行が決まった暁には、四国版への情報掲載も併せて行います)

平成24年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 一般社団法人まちテレ
事業名 USTREAM 公式スタジオの設置
期間 平成24年8月1日〜平成25年3月31日
事業内容 地域の情報配信として動画を用いたイベント及び特産品の配信は高い効果がある。これまで香川大学工学部の学生グループを中心にサンポート高松トライアスロンの中継などをボランティアで行ってきたが、県外や海外のより多くの人に配信するため大手配信サービスの公式なスタジオを設置し、連携するスタジオや屋外から公式チャンネルを通じ動画で地域情報を配信する組織づくりをおこなう。
事業主体 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社
事業名 台湾、香港、韓国を中心としたアジアから関西への個人旅行向けプロモーション事業
期間 平成24年12月10日〜平成25年3月9日
事業内容 2011年3月震災後、しばらく減少していた訪日外国人観光客も、おかげさまで、昨年秋以降、確実に戻ってきており、今年の春節には、台湾、香港、中国に関しては、ほぼ前年並みまで回復いたしました。メインターゲットとなる台湾、香港、韓国、中国からの観光客に、高松は、関西圏からのアクセスも良く、弊誌「GLT関西」内で高松の魅力を伝え、日帰りもしくは、1泊でのショートトリップを提案する。特に、来年3月から開催される瀬戸内国際芸術祭2013もご紹介し、芸術祭をフックに高松への誘客も図る。
事業主体 大高産業株式会社 屋島テニスクラブ
事業名 屋島Midoriプロジェクト 源平屋島オープンテニス
期間 平成24年4月1日〜平成25年3月31日
事業内容 約700万人を超えるテニス人口へ告知し、源平屋島など観光名所をセットにしたテニスイベントの開催。源平屋島と題し、ベテランの部、国際ジュニアの部と広げていく。屋島の森プロジェクトの一環としジュニアテニスプレーヤーの将来の夢を託したオリーブの植樹会も行う。大会開催期間中は「源平屋島ひだまりマルシェ」を開催しテニスをしなくても楽しめるイベントを開催し今までにないテニスイベントとする。
事業主体 UDON楽 カウントダウンコンサート実行委員会
事業名 UDON楽 カウントダウンコンサート高松
期間 平成24年4月1日〜平成25年2月28日
事業内容 年越しに都市で行われているジルベスターコンサート。このコンサートを国際ピアノコンクールの開催など、音楽に造詣の深い「瀬戸の都・高松」から発信する。演奏会には高松出身の演奏家を中心に集め、全国各活動場所で高松をPRしていく。また内町にはPRブースを設置し、年末までの期間を草の根運動的に盛り上げていく。さらに日本の伝統である茶道の茶席と高松ならではの「年越しうどん」の振る舞いも合わせてイベントを盛り上げる。そして高松独自の大晦日イベントを全国に発信し、高松を売り出す。
事業主体 株式会社 JTB中国四国 高松支店
事業名 高松丸亀町商店街 視察パック たかまるプラン
期間 平成24年4月1日〜平成24年12月31日
事業内容 商店街の再生事業として全国的に注目をあびている高松丸亀町商店街の視察を、高松の観光と結びつけた観光素材としてパッケージ化します。インターネットならびに時事通社の行政担当向け配信メールに出稿してPRします。全国のJTB営業マンに高松産業観光視察の素材として情報提供ならびに自治体担当者へのアプローチをいたします。また、視察パックに興味をもった視察希望者に参加者を募ったモニターツアーを実施し、実際の視察パックを体験していただきます。


平成23年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 一般社団法人 街角に音楽を@香川
事業名 マザーポート高松「ミュージック・アンバサダー」(音楽親善大使)
期間 平成23年4月1日〜平成24年3月31日
事業内容 高松から音楽家を東京に送り、丸ビル、東京タワー、青山まつり(青山ボッサ)などにて演奏し、「街角に音楽を」の連携活動として、高松の文化交流土壌の魅力を語ります。トークショー・写真展なども開催。また、逆に東京から招聘した演奏家もサンポート、商店街などで演奏をしてもらい、彼等も「親善大使」として、東京にて印象を語ってもらいます。まさにアーティストの実際の交流を通して、創造性ある田園都市、高松の独自の魅力を強くアピール。大勢の方がたへの、印象的かつ大変注目されるプロモーションとなります。高松出身の著名なギタリスト兼プロデューサーである小倉博和氏の参加も可能性がございます。
事業主体 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社
事業名 中国人観光客向けプロモーション事業
期間 平成23年4月1日〜平成24年3月31日
事業内容 春秋航空の定期チャーター便就航を機に、弊社発行の中国人観光客向けフリートラベルマガジン「GOOD LUCK TRIP日本楽酷游」(「地球の歩き方」責任編集 10万部発行)で、高松及び周辺地域の魅力を紹介する。また、その抜き刷り版も2,000部発行する。本誌は、中国国内の春秋旅行社をはじめとした大手旅行代理店で配布し、中国の方へ高松及び周辺地域の魅力を伝える。
事業主体 マルイ観光バス株式会社
事業名 自転車積載デマンドバス
期間 平成23年4月1日〜平成24年3月31日
事業内容 本事業は各観光地を自転車で走ることで今までとは違った観光の視点と一つの観光地をじっくりと巡る事を目的とする。バスにカーゴトレーラーを連結し、屋島⇔高松駅⇔塩江をピストン運行する。運行には、インターネットを活用したデマンドシステムを導入し、パソコンや携帯電話で車両がどこを走っているのかの確認、乗車の予約・配車時間の計算等、利便性の高いサービスを提供できるようにする。珍しいトレーラー牽引のバスはそれ自体に広告塔としての効果が見込めるため、屋島・塩江の広告と自転車積載バスPRを兼ねて、幹線道路を主に走行する。
事業主体 高松琴平電気鉄道株式会社
事業名 鉄道で旅する高松×ことでん開業100周年 事業
期間 平成23年4月1日〜平成24年3月31日
事業内容 ことでんは、今年で開業100周年を迎えます。今回は、ことでんの魅力と、高松の魅力を合わせ「鉄道で旅する高松」という新しいスタイルで高松の魅力を発信します。これまでの歴史、グルメなどの既存の観光資源に止まらず、100年間、私鉄運行を行ってきた「ことでん」そのものを、新たな産業観光資源として位置づけることで、高松の知名度アップやイメージアップに貢献できるものと確信しております。具体的には、往年の名車両を「見れる」、「触れる」、「乗れる」など、車両で人を引きつけることができるのは、ことでんの大きな強みであり、一般観光客のみならず、近年注目を浴びているコアな鉄道ファンに対して、工場見学等さまざまな事業を実施することにより集客に繋げてまいります。
事業主体 インフォナビ有限会社
事業名 雑誌nid(ニド)活用の全国PR誘客と地場工芸品販売
期間 平成23年4月1日〜平成24年3月31日
事業内容 全国規模に拡大した誘客と高松特産物販売を目的とし、観光客の若返りを狙う。生活情報雑誌nid(ニド)は自然派好みの女性が読者。30歳前後女性を中心に全国書店と全国会員読者に新たな高松の魅力を紹介。 @高松市の生活文化に育った伝統の芸術、工芸、職人、豊かな食文化をテーマに紹介する。 A伝統工芸品をアレンジしたオリジナル商品の開発も行い、本誌通販ページで販売する。 B制作に地元の編集者を起用して、別媒体においても今後の制作発注ができるようにする。 C書店売りの本の価値を高松観光ガイドブックとして代用できる。


平成22年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 OSAKA石あかりロード実行委員会
事業名 むれ源平石あかりロード in OSAKA
期間 平成22年12月1日〜平成22年12月31日
事業内容 毎年12月に大阪・中之島公園をメイン会場に開催されている「OSAKA光のルネサンス」。開催期間中に約300万人が訪れるビッグイベントである。そこに「むれ源平石あかりロード」を登場させる。クリスマスに沸く大阪の中心で、石あかりロードへの来場促進と石製品の販売活動を行い、『石あかり』『庵治石』『香川・高松』をPRする。
事業主体 香川県漆器工業協同組合
事業名 香川漆器 近県PR事業
期間 平成22年5月1日〜平成23年3月31日
事業内容 香川漆器は、香川県の代表的な地場産業であり、永年に わたりその技術・技法を継承しており 近県、及び全国に香川 漆器の周知を図り、PRに力を注ぎたいと考えます。漆器離れを防止するため、取扱い方も掲載したリーフレットを作成し、消費者に紹介する他、各種展示会にて香川漆器パンフレットを配布しPRします。 また従来県下で親しまれている「香川の漆器まつり」を利用し、四国及び岡山方面へ瀬戸大橋及びJR各線を利用した来場者の集客を考え、実際に商品を見ていただき、販売を兼ねPRしたいと思います。 香川漆器とサンポート一円、玉藻公園等の知名度アップに貢献できるものと考えます。
事業主体 アシアナ航空株式会社 高松支店
事業名 アシアナ航空機内誌を利用した高松PRキャンペーン 〜VIA ART SETOUCHI 2010〜
期間 平成22年4月1日〜平成22年10月31日
事業内容 当社機内誌を利用して、瀬戸内海、瀬戸内国際芸術祭のPRを行う。当社の航空路線は、20ヵ国66都市を結んでおり、韓国だけでなく世界各地の支店においてもPRされる。PRの内容は瀬戸内海のある高松へダイレクトに入ることができる利点と、自然と現代アートがコラボする地。
事業主体 高松まちなかおもてなし推進協議会
事業名 高松まちなかお楽しみ巡り
期間 平成22年7月24日〜平成22年10月31日の土曜日
事業内容 国際芸術祭で来高の観光客を中心に、夕方からのたかまつまちなかをご案内、楽しんでもらうプランを用意。昨年度、当協議会で、開催した高松あじのみ物語(3000円3枚つづりで3軒を回るラリー)でコース3軒を限定していたところを解消、新規事業として、チケット1枚1軒で3枚選ぶという全くの別方式を予定。好きなジャンルをお好みで選ぶ方式である。県外客にわかりやすく、まちなかで飲食を楽しんでもらえる仕組みとする。
事業主体 香川県ヨット連盟 香川フリート
事業名 瀬戸内海SailArt2010
期間 平成22年5月22日〜平成22年10月31日
事業内容 今年、船の祭典2010、瀬戸内国際芸術祭2010が高松市を中心として行われるのを機に瀬戸内海で体験ヨットレースを展開し、海をキャンバスとしヨットの帆(Sail)を彩る(Art)として各イベントに花を添え、瀬戸内海の魅力を発信するものである。また、体験クルージングを実施し、一人でも多くの人に海に親しんで頂きたいと考えています。数多くのヨットが、サンポート周辺の方々や各島々への移動する方々をSailArtとして魅了するでしょう。


平成21年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 JAPAN石あかりコンテスト2009実行委員会
事業名 JAPAN石あかりコンテスト2009
期間 平成20年9月1日〜平成21年3月31日
事業内容  『むれ源平石あかりロード』開催にあわせ、全国から石あかりの作品を募集し、『JAPAN石あかりコンテスト』を開催。募集を通じて、高松市および庵治石、牟礼町、庵治町、石あかりロードを発信する事により、高松のPRはもとより牟礼・庵治地域の振興に寄与することを目的とする。募集広報としては、日本石材工業新聞(月2回発行)、月間石材新聞(月1回発行)、日本石材産業協会『全国1,200社』が協力。同時に石材業界の全国トレードショー(6月中旬開催)にブース出展し、石あかりコンテスト出展の募集および石あかりロードと高松観光のPRを行う。
事業主体 ファーティル&トリニティー・ヴァイ
事業名 Uniting and Creation 〜融合と創造〜
期間 平成20年12月10日〜平成21年3月31日
事業内容 伝統産業(盆栽、庵治石、香川漆器)による、コラボレーション商品の新開発及び地域活性化を図る。三者をより身近に感じて貰うため、それぞれの技術を生かし一体化した商品を開発、県外に向けてアピールしていく。さらに、高松限定の「オリジナル商品」とし、さまざまなイベントに参加、PRすることで県外からの集客を図る。
事業主体 高松商工会議所青年部
事業名 大人の修学旅行においでまぁーせ「高松産業観光」PR事業
期間 平成20年10月1日〜平成20年11月30日
事業内容 高松商工会議所が平成20年度に取り組んできた、「高松再発見プロジェクト」を発展的に有効活用し、全国各地で行われる商工会議所青年部の大会等で広く「産業観光」のPR活動を行う。更に、Webページを充実させるとともに、「地場産業」や「伝統工芸士の技」に触れることができる「モデルコースツアー」を開催し、「産業観光」に限らず幅広く高松の魅力を発信する。
事業主体 シーサイドクラブ
事業名 女木島(鬼ヶ島)でピンポン
期間 平成20年10月1日〜平成21年3月31日
事業内容 休校中の小学校の体育館を利用して各地から、卓球愛好者に島に来てもらい地元の人との交流を図る。卓球月刊誌〔卓球レポート全国誌 5万部発行 〕にも掲載してもらうパンフレットには高松の観光案内や、物づくり〔盆栽 漆芸保多織〕などを掲載。島での体験〔魚つり、農業、島巡りクルージング〕をアピール。
事業主体 (株)BOBOS
事業名 映画「めおん」公開キャンペーン
期間 平成20年12月1日〜平成21年3月31日
事業内容 "高松市/男木島/女木島を舞台に制作した映画「めおん」(2009年度さぬき映画祭出品予定)の、全国の劇場公開(東宝系公開予定)に合わせてパンフレットを制作。
パンフレット中でロケ地マップやロケ地ゆかりの観光情報などを紹介。ロケ地への観光客誘致を図る。(女木島の鬼の洞窟・桜/男木島の灯台・水仙/サンポート/花火大会/屋島など)"


平成20年度高松観光プロモーション事業 認定事業
事業主体 (株)桜製作所
事業名 銀座桜ショップを高松観光のキーステーションに!
期間 平成20年9月1日〜平成21年3月31日
事業内容  銀座桜ショップにおいて、ジョージ・ナカシマの作品等を通し、広報活動を実施し、アートの切り口で、高松への集客および知名度アップ等に貢献する。銀座桜ショップのパンフレット等の作成(高松観光内容入り)。銀座桜ショップでの高松発の展示会、講演会の実施。高松への誘致観光バスツアーの実施。
事業主体 (株)吉田石油店
事業名 GO GO 高松キャンペーン
期間 平成20年12月10日〜平成21年3月31日
事業内容  全国に展開する弊社サービスステーション(56ヶ所)のネットワークを活かし、あらゆるメディアを駆使して高松をPRします。全国SS店頭にてポスター・のぼり・リーフレットで高松をPRします。レシートの裏面および弊社所有のメール配信システムを活用しオリジナル携帯サイトで高松の知識を深めてもらい関心を高め、高松に観光客を誘導します。
事業主体 (株)ルーヴ
事業名 高松ブランドのお菓子制作
期間 平成20年10月1日〜平成20年11月30日
(菓子販売は、平成20年12月1日からとする)
事業内容  高松市をイメージするお菓子を制作し、販売する。その中に「モノづくり高松」という視点で捉えた産業を紹介する観光プログラム冊子を同梱し、贈り物やおみやげとしての提案や体験ツアーの提案を行う。
事業主体 (株)宮脇書店
事業名 本のテーマパーク ふるさと情報支援プロジェクト
期間 平成20年10月1日〜平成21年3月31日
事業内容  @全国に支店を持つ宮脇書店の直営店150店舗のレジ横に高松市の観光パンフレットを置き、全国の方に関心を持って頂く。
 A絵本ができるまでの展示コーナーを新設。
 B総本店では、高松市に関連のある書籍コーナーを設置。
 C直島の情報も掲載し、直島の施設にも置いて頂く。この狙いは、岡山から入り〜直島〜岡山から帰るという観光客の流れを高松市に引き込むものである。
事業主体 元気YASHIMAを創ろう会
事業名 「吹け!元気やしまの風」
期間 平成20年12月1日〜平成21年3月31日
事業内容  「元気YASHIMAを創ろう会」等のボランティア団体がJR四国の企画する旅行商品の中において、屋島地区や新たに高松市となった庵治・牟礼地区の観光地をご案内するとともに、屋島駅を訪れた観光客をお接待することにより、屋島及びその周辺、更には高松市の魅力を全国に発信し、屋島に再び”元気な屋島の風”を吹かせることとする。なお、今後の展開として、地域コミュニティ協議会の協力を得て、事業を拡大していく予定である。

 Copyright(C) 2016 Takamatsu Convention & Visitors Bureau. All Rights Reserved.

ふるさと高松応援プログラム